中国 G7サミットでの東・南シナ海問題言及に強い不満を表明

© AFP 2022 / Wang Zhao中国 G7サミットでの東・南シナ海問題言及に強い不満を表明
中国 G7サミットでの東・南シナ海問題言及に強い不満を表明 - Sputnik 日本
イタリア南部シチリア島で開かれた主要7カ国(G7)首脳会議の共同コミュニケで、中国が他国と領有権を争っている東シナ海や南シナ海の問題が言及されたことについて、中国外務省の陸慷報道官は「G7サミットの共同コミュニケが国際法の名義を口実にし、東中国海・南中国海問題にあれこれ口出しすることに強い不満を表明する」と述べた。28日、新華社通信が報じた。

スプートニク日本

新華社通信によると、報道官は「我々はG7と地域外の国が情勢をはっきりと見極め、関係争議問題において立場を持たない承諾を守り、本地域の国が争議を管理・コントロールする努力を十分に尊重し、無責任な発言をやめ、本地域の平和・安定のために建設的な役割を発揮することを希望している」と指摘した。

先の報道によると、イタリア南部のタオルミーナで開かれていたG7(主要7カ国首脳会議)が、その幕を閉じた

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала