米国に「より大きなプレゼント」を贈りたい=金正恩

© Sputnik / Iliya Pitalev米国に「より大きなプレゼント」を贈りたい=金正恩
米国に「より大きなプレゼント」を贈りたい=金正恩 - Sputnik 日本
北朝鮮の朝鮮中央通信は、金正恩当委員長は新型高精度誘導システムが実験されたミサイル発射に立ち会ったと報じた。

スプートニク日本

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本はソ連製ミサイルを恐れるべきか? - Sputnik 日本
北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本はソ連製ミサイルを恐れるべきか?
スプートニク日本

発射後に金氏は「国防産業の力を誇示して、さらに大きなプレゼントを米国に送るために今後のブレークスルーを達成する重要性」を強調した。

ミサイル発射後に朝鮮中央通信は次のように報じた。

「 金正恩委員長は今後、国防科学研究部門ではわれわれが作成した時間表と道程図通りに多段に、連発的にわれわれの自衛的国防工業の威力をはっきり見せなければならないとし、米国により大きな「贈物風呂敷」を送るために今のこの勢いでさらなる飛躍を成し遂げることを確信すると述べた。」

29日午前、北朝鮮は日本海側の東部元山付近から弾道ミサイル1発を発射した。

ミサイルはの飛行時間は6分、飛行距離は450キロとなった。韓国は今回のミサイルをスカッド型だと見ている。ミサイルは新潟県の佐渡島から500キロ、島根県の沖島から300キロのところの日本の排他的経済水域内に落下。被害はない。

先の報道によると、朝鮮民主主義人民共和国が日本時間29日午前5時40分ごろ、日本海側の東部元山付近から弾道ミサイル1発を発射したことをうけ、安倍首相は記者団に対して「断じて許すことができない」と述べ、同国に抗議を申し入れたことを明らかにした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала