安保理、北朝鮮制裁決議を採択 「世界安全にとって直接的な脅威」

© Sputnik / Ilya Pitalev安保理、北朝鮮制裁決議を採択 「世界安全にとって直接的な脅威」
安保理、北朝鮮制裁決議を採択 「世界安全にとって直接的な脅威」 - Sputnik 日本
朝鮮民主主義人民共和国の相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、国連安全保障理事会は2日午後(日本時間3日午前)、公開会合を開催した。会合では、米国が配布した制裁決議案を全会一致で採択した。

照準(アーカイブ写真) - Sputnik 日本
北朝鮮のミサイルは日本を標的にする!
スプートニク日本

安保理会合で米国のヘイリー国連大使は北朝鮮の弾道ミサイル発射について「わが国を含む多くの国の安全にとって直接的な脅威だ」と非難した。

共同通信によると、決議案は核・ミサイル開発に関わる14個人と4団体を渡航禁止・資産凍結の対象に追加するという。

北朝鮮が29日午前5時40分に発射されたミサイルは日本の排他的経済水域(EEZ)に落下した。韓国軍合同参謀本部によると、ミサイルが北朝鮮東部の日本海側にある元山付近から東方の日本海へ発射された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала