登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

「死のサッカー」 アステカ文明の神殿から生贄の跡【写真】

© Fotolia / Stevica Mrdja「死のサッカー」 アステカ文明の神殿から生贄の跡【写真】
「死のサッカー」 アステカ文明の神殿から生贄の跡【写真】 - Sputnik 日本
フォローする
メキシコの考古学者らはアステカ文明の神殿の発掘で「儀式用のサッカー」スタジアムから生贄となって大量埋葬されたプレーヤーの遺体を発見した。

スプートニク日本

Phys.orgによると、6日、メキシコシティの中心に位置するアステカ文明の農業の神「ケツァルコアトル」に捧げられた神殿の遺跡の発掘作業が開始された。発掘作業で学者らは縦51メートルの広場を発見。広場はゴム製のボールの競技をするために用いられていたと考えられている。

競技は大量の生贄を捧げる儀式を伴うものだったと見られている。遺跡からは32体の頭部のない骸骨が発見された。この骸骨はプレーヤーのものだったと考えられている。

​先の報道によると、エチオピアでスペインの人類学者らが、古代の人々が4500年にわたって絵を描き、絵具をつくっていたある種の「アートギャラリー」を発見した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала