ウィキリークス CIAは公共のWi-Fi経由でコンピュータを感染させることのできるハッキングプログラムを開発した

内部告発サイト「ウィキリークス」は、「Vault 7」と名付けた資料の公開シリーズで、米中央情報局(CIA)の新たな機密文書を公開した。

ウィキリークス CIA機密文書を新たに公開 - Sputnik 日本
ウィキリークス CIA機密文書を新たに公開
スプートニク日本

前回のハッキングツール「Pandemic」に関する資料は、6月2日に公開された。

今回の資料は、CIAが「CherryBlossom」と指定するプロジェクトに関するもの。プログラムは、無線LANルーター(Wi-Fi)に接続するユーザーのインターネット活動を監視することができる。

感染したデバイスは、共有のデータ・ストリーム内に悪意のあるコンテンツを「導入」し、その後、そのコンピュータのオペレーティング・システムの脆弱性を利用して、他のコンピュータに感染させることを可能とする。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала