3つのスキャンダル G20サミットに影を落とすものは一体

© Sputnik / Alex Panzicov / フォトバンクに移行G20サミット
G20サミット - Sputnik 日本
トルコのエルドアン大統領からドイツ政府への痛烈な批判、ハンブルグデモでの放水銃の使用、「ベルリン警察のどんちゃん騒ぎ」、これら全てはマスメディアに光を当てられ、ハンブルクG20サミットの準備に影を落とした。

安倍首相、メルケル首相、韓国文大統領と「素晴らしい」会談=トランプ大統領 - Sputnik 日本
安倍首相、メルケル首相、韓国文大統領と「素晴らしい」会談=トランプ大統領
スプートニク日本

ドイツ対エルドアン大統領

サミットの準備も終わりに近づいたころ、国際スキャンダルが起きた。ドイツ政府がG20サミット終了まで、ドイツ在住のトルコ人に呼びかけることをエルドアン大統領に禁止したのだ。エルドアン大統領は一方、「フランス24」局のインタビューでドイツ政府への批判を繰り返した。

「これが国家社会主義でなくて、なんと説明すればいいのだ?今にいたるまでこのような行為はファシスト運動にのみ特徴的なものだ。」

当初このような発言がなされたのは今年3月、トルコの国民投票前と実施中、ドイツ国内でトルコの政治家が演説することが禁じられたことがきっかけだ。

メルケル首相 - Sputnik 日本
メルケル首相 G20のプーチン、トランプ両氏の仲介役はしない
ハンブルクデモ隊への放水銃使用に対する批判

一方でハンブルク警察の行為について激論が燃え上がった。G20サミット反対デモの参加者が同市の広場に集まったところ、警察がデモ隊を追い払うために放水銃を用いた。緑の党のアンティエ・ミョーラー議員はこれを「不相応で無益」だと呼んだ。

「警察のどんちゃん騒ぎ」

「ベルリン警察のどんちゃん騒ぎ」をめぐるスキャンダルが広く報じられた。G20サミット警備の応援のため、ベルリン警察の5部隊が派遣され、仮設宿舎に配備された。しかし、うち3隊の警察官が帰任。敷地内で騒ぎ、公然と性交し、ストリップや放尿するなど、全くふさわしくない行為を取ったためだ。懲戒処分はされなかった。

先ほど、G20開催を目前に控えたハンブルグで7日の深夜にかけて街頭で開催に反対する抗議市民と警察との衝突が生じ、100人を超す警官が負傷した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала