登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

最小級の希少タカがモスクワ郊外で見つかる【写真】

© Fotolia / Paolo最小級の希少タカがモスクワ郊外で見つかる【写真】
最小級の希少タカがモスクワ郊外で見つかる【写真】 - Sputnik 日本
フォローする
極めて珍しい猛禽類のヒメクマタカが、モスクワ州で確認された。地域環境自然利用省の報道担当が発表した。

スプートニク日本

ヒメクマタカは俊敏で機動性に富んでいる。獲物は小型の鳥やげっ歯類、トカゲにヘビだ。ヒメクマタカは通常、アジアやアフリカで越冬する。ロシアは彼らの生息地の北限だ。

ロシアで最後にヒメクマタカの巣作りが観測されたのは1990年代末だという。

​先の報道によると、自然の写真部門の国際コンテスト「Big Picture Natural World Photography Competition」が、ファイナリストと総合優勝者の名前を発表した

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала