エフゲニア・メドベージェワさん 五輪出場の選曲決定を公表

© Sputnik / Pavel Lisicin / フォトバンクに移行エフゲニア・メドベージェワ選手
エフゲニア・メドベージェワ選手 - Sputnik 日本
フィギュアスケートの世界、欧州選手権の女子シングルで2度の優勝経験を持つロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が来シーズンの五輪出場の曲が決定したことを明らかにした。

スプートニク日本

「ショートプログラムにはジョシュア・ベルさんの弾くショパンのノクターン第20番を選びました。フリープログラムに選んだのはジョージ・ウィンストンさん演奏の『ジャニュアリー・スター』とマックス・リヒターさんの『ディパーチャー(ララバイ)』と『ドナ・ノービス・パーチェム(われらに平和を与えたまえ)』です。

プログラムは6月初めに作り始めていて、ダニイル・グレイヘンガウスさん、イリヤ・アヴェルブフさんがエテリ・トゥトベリッゼ監督と一緒に演出に取り組みました。」メドベージェワさんの声明をロシアフィギュアスケート連盟の公式サイトが引用して報じた。

メドベージェワさんは新プログラムはソチでのテスト・スケーティングで初めて公表し、横浜のアイスショーでは新たなナンバーを映画『アンナ・カレーニナ』の音楽で滑ると語っている。

メドベージェワ選手 - Sputnik 日本
メドベージェワ選手 羽生選手の魅力と日本人ファンについて語る【写真・動画】
先に、モスクワで現在、メドベージェワさんのアニメ画の展覧会が行われていると報じられた。メドベージェワさんは大の日本ファンでアニメオタクとしてもよく知られている。

また、先の報道によると、メドベージェワさんは記者会見で2018年の来シーズンはプログラムの内容をもっと複雑化させる計画であることを明らかにした。メドベージェワさんの強さの秘訣はその集中力にあるとされている。試合後のインタビューでメドベージェワさんは「氷の上では私は人ではないのです」と語り、自分のスポーツへの姿勢を語っている。またメドベージェワ選手にスプートニクが2度にわたって行った独占インタビューはこちらからお読みいただけます。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала