米・豪、極超音速ミサイル実験に成功

米国とオーストラリアが、時速1万2000キロで飛行する極超音速巡航ミサイルの発射に成功した。英紙インディペンデントが報じた。

アドミラル・クズネツォフ - Sputnik 日本
ロシア空母 修繕、刷新後は超音波ミサイルの発射も可能に
スプートニク日本

ペイン豪国防相が確認したところによると、発射実験は12日、同国南部ウーメラにある発射場で行われた。

ミサイルの製造には米空軍とオーストラリア国防省、ボーイング、BAEシステムズ両社、および豪クイーンズランド大学が参加。開発費は54000万ドルとされている。

先の報道によると、ロシア海軍は海上の国境強化と地中海におけるプレゼンス増強を目指し、近い将来、最新鋭小型ミサイル艦「カラクルト」を18隻配備する予定だ。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала