クルド人部隊「IS指導者 シリア国内で生存」

クルド人の反テロ部隊代表であるラフル・タラバニ氏が、イスラム過激派「イスラム国(IS)」の指導者アブバクル・バグダディ氏は恐らく生存しており、ラッカ南方に潜んでいるとの見方を示した。ロイター通信が伝えた。

6度死んで生き返ったダーイシュ指導者 今回こそ殺害に成功か? - Sputnik 日本
6度死んで生き返ったダーイシュ指導者 今回こそ殺害に成功か?
スプートニク日本

11日には、イラクのニュースサイト「スマリヤ・ニュース」が、IS内部の情報源がバグダディ氏が死亡したことを認めたと伝えていた。それによると、ISは声明の中でバグダディ氏が死亡し、近く後継者の名前が発表される、としていた。バグダディ氏の死亡した状況について、ISは詳細を明らかにしていない。

これより前、ロシア国防省は、5月28日にロシア航空宇宙軍がラッカの南部近郊で行った空爆の結果、バグダディ氏が殺害された可能性がある、と発表した。この情報については現在も確認作業が行われている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала