登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

カムチャツカのクリュチェフスキー火山、2日で3回目の噴煙柱

© Sputnik / Alexandr Piragisカムチャツカのクリュチェフスキー火山、2日で3回目の噴煙柱
カムチャツカのクリュチェフスキー火山、2日で3回目の噴煙柱 - Sputnik 日本
フォローする
ユーラシア大陸最高峰の活火山であるカムチャツカ半島のクリュチェフスキー火山が2日で3回目の海抜6千メートルの高さの噴煙を噴き上げた。ロシア非常事態省のカムチャッカ支部広報部が発表した。

スプートニク日本

発表には「現地時間で21日午前に噴煙が噴き上がった。噴煙の高さは海抜6000メートルに達した。風向きにより噴煙はその後火山から北東の方向40キロの範囲に広がった」とある。

同支部の発表では航空危険コードは最高から1段階低い「オレンジ」に設定されたものの、火山付近では国際線の飛行はおこなわれていない。

また各旅行会社にも火山付近を通る観光ルートを組まないよう勧告されている。現在、クリュチェフスキー火山付近での団体旅行は行われていない。

火山に関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала