登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

ウラルの奇跡 ロシアにもあった「ピサの斜塔」

© Sputnik / Asuka Tokuyamaネヴィヤンスクの斜塔
ネヴィヤンスクの斜塔 - Sputnik 日本
フォローする
ピサの斜塔といえばイタリアの有名観光スポットであり世界遺産。しかしロシアにもピサの斜塔…もとい「ネヴィヤンスクの斜塔」があり、知る人ぞ知る観光名所になっている。これはロシアで唯一の斜塔で、地元人からは「ウラルの奇跡」「ウラルの真珠」と呼ばれている。

ウラルワゴン工場 - Sputnik 日本
ロシアの戦車工場「ウラルワゴン工場」見学と社長インタビュー【写真】
スプートニク日本

そもそも筆者がネヴィヤンスクに立ち寄ったのは偶然だった。筆者の一行は産業博覧会「イノプロム」のため訪問したエカテリンブルグから、戦車工場見学のためニージニー・タギルという街に向かっていた。ネヴィヤンスクはちょうど両者の中間に位置するため、寄ってみようという話になったのだ。

ネヴィヤンスクには300年以上前から製鉄工場があり、その創始者の名をとってこの町は「デミドフの帝国」と呼ばれていた。まず工業発展のためにピョートル大帝の命を受けた実業家ニキータ・デミドフがウラルにやってきて、その息子のアキンフィー・デミドフも、この地に根を下ろした。この息子こそ、ウラルの鉱山産業を発展させた優れた企業家であり、ネヴィヤンスクの斜塔を建てた人物でもある。しかし建築家の名は記録されておらず、斜塔は多くの謎に包まれている。アキンフィー・デミドフが自分の功績を称えるために、ロシアに小イタリアを作ろうとして意図的に斜塔を建てたという説や、二度と同じような塔を作らせないため塔から建築家を落として殺してしまったという説もあるが、真偽のほどは定かではない。

© Sputnik / Asuka Tokuyama写真展の看板
写真展の看板 - Sputnik 日本
写真展の看板
塔の7階と8階には1730年に作られたイギリス製の音楽時計が設置されている。今でも現役で美しいメロディーを奏でており、これほどの素晴らしい時計はイギリス本国にも残っていないと言われている。この時計の値段は、塔の総建設費よりも高かった。

色々な種類の「カルバサ」(サラミソーセージとハム) - Sputnik 日本
ロシアのおいしいサラミソーセージとハムが日本へ 初荷が出荷【写真】
1890年には製鉄工場の大火事があり、その後のロシア革命によってデミドフ一家が失脚するなど、ネヴィヤンスクは災難に見舞われた。今では、ここは典型的な静かなロシアの田舎町となった。しかしネヴィヤンスクの斜塔は今でもピサの斜塔を相当意識している。ネヴィヤンスク博物館では今年4月から10月まで、「反映」という題で両斜塔を比べる写真展を行っている。立地条件からして闇雲におすすめはできないが、エカテリンブルグからであれば車で一時間。ロシアの隠れたお宝を見に行ってみるのも一興だ。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала