16歳のドイツ人少女がIS加入、指揮官と結婚 モスルで発見

© Fotolia / Elnur16歳のドイツ人少女がIS加入、指揮官と結婚 モスルで発見
16歳のドイツ人少女がIS加入、指揮官と結婚 モスルで発見 - Sputnik 日本
ドイツメディアは、テロ組織「ダーイシュ」(IS)に加入した16歳のドイツ人少女が今月、イラク北部モスルで見つかったと報じた。朝日新聞が伝えた。

シリア・ルサファ - Sputnik 日本
ダーイシュ、シリア・ルサファ撤退時に史跡へ地雷設置【写真・動画】
スプートニク日本

少女は今月にモスルが解放された後、イラク軍に拘束された。少女の健康状態はいいが、精神的なショックが受けており、これからドイツ語通訳を介して事情を聴かれるという。

独誌シュピーゲルが報じたところ、少女は東部ドレスデン近郊の田舎町プルスニッツ出身で、去年7月1日、両親に「週末は友人宅で過ごす」と言い残し、シリアに逃げた。IS加入後すぐにチェチェン人の指揮官と結婚させられたという。

朝日新聞によると、少女はもともと積極的な性格で学校の成績は良く、キリスト教徒だったが、去年春ごろ、イスラム教に興味を持ち始め、大きく変わった。少女はイスラム過激派と接触したのがフェイスブックを通じてだという。

先の報道では、「ダーイシュ」に占拠されていたイラクのモスル市の解放作戦では4万人を超す一般市民が犠牲となった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала