登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

辺野古、沖縄県が差し止め提訴 国と再び法廷闘争

フォローする
沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設をめぐり、沖縄県は24日、政府が県の岩礁破砕許可を得ずに工事を進めるのは違法だとし、国を相手にした工事差し止めを求める訴訟を那覇地裁に起こした。差し止め訴訟と併せて判決まで工事を中断させる仮処分も申し立てた。共同通信が報じた。

スプートニク日本

辺野古移設抗議デモ 抗議市民が強制排除 - Sputnik 日本
辺野古移設抗議デモ 抗議市民が強制排除【動画】
なお共同通信によると、「政府は県の訴えは不適法で、許可も不要として全面的に争う方針」だという。

辺野古移設については、現場海域の埋め立て承認をめぐる訴訟で政府と沖縄県が争った結果、昨年12月に国側の勝訴が確定したが、双方の対立は再び法廷闘争に発展した。

翁長氏は記者会見で「無許可の行為を放置できない。沖縄県民の思いを置き去りにしたまま、新基地建設に突き進む国の姿勢が改めて問われる」と述べ、菅義偉官房長官は会見で「コメントは控える」とした上で「辺野古移設に向けた工事を進めていくことに変わりはない」と強調した。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала