なんでも後回しにしてしまう…そんなあなたがまだ試していない3つの対策法

なんでも先送りしてしまい、なかなか仕事が終わらない。そんな自分が嫌だと思うあなたにスプートニクが一風変わった対策法を伝授。

日本で職を探す外国人が困惑する5つの瞬間 - Sputnik 日本
日本で職を探す外国人が困惑する5つの瞬間
スプートニク日本

① 自分で自分に手紙を出す

電子メールには後で送信するという便利な機能がある。これで未来の自分にやる気を起こさせる、こんな手紙を書いてしまう。

友達よ、こんにちは!

本の執筆は順調に進んでいるかい? 昨日、約束した10ページはもう書いちゃった? それともまたネットにはまってるんじゃないだろうな? 友達を裏切るなよ、お願いだから。

昨日の君より

② 仕事は重ねてこなす

何かをこなして、ゆっくりくつろぐ前に新たなことを始めてしまう。

たとえばご飯を作って、汚れた食器を洗うと決めたなら、もうそれを流しにおいて、蛇口をひねってしまう。

仕事が開始されたら、それを忘れ、別のことに気を向けるのは難しい。

ネットで買うべきでない商品トップ10 - Sputnik 日本
ネットで買うべきでない商品トップ10
③ 動くボールを目で追う

これが中でも一番難しい。次の行動に移ることに考えを集中し、3秒から10秒という超高速で仕事を終わらせる。

たとえば徒競走のときは1周を終わらせてから、次の1周を始める。走っているときはその1周を終わらせることに集中するだろう。

テニスのコートでは試合の結果やライバルのことなど考えず、ボールの動きだけを追うのと同じ。

先の報道によると、世界の研究者らを集めたグループがセックスにおける最も許しがたい誤りをランキングでまとめた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала