長崎県 テーマパークでバンジージャンプのロープ切れ 1人が軽傷

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」で1日午後5時半ごろのバンジージャンプでワイヤロープが切れる事故が発生。男性(37)が軽傷を負った。朝日新聞が報じた。

駐屯地宿舎で出産した陸士長、女児遺体遺棄容疑で逮捕
スプートニク日本

早岐署によると、福岡県古賀市の公務員の男性は高さ約20メートルのジャンプ台からゴム製ロープを付けて飛び降り、跳ね上がった後にゴムと台をつなぐワイヤ部分が切れた。男性は下にあったエアマットから地面に転げ落ち、右肩を打撲。

事故後、テーマパークはバンジージャンプの営業を中止した。長崎県警が事故の原因を調べている。

先に伝えられたところ、新潟県南魚沼市の八海山で7月31日、登山中に滑落した東京の文京区の日大豊山高校3年生の石本隆之介さん(17)が心肺停止の状態で1日朝、病院に運ばれた後、死亡が確認された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала