みだらな客が原因で、2か月間で300件超のクレームが寄せられたホテル【写真】

CC0 / Pixabay/Unsplash / みだらな客が原因で、2か月間で300件超のクレームが寄せられたホテル【写真】
みだらな客が原因で、2か月間で300件超のクレームが寄せられたホテル【写真】 - Sputnik 日本
6月にニューヨーク市マンハッタン区ロウアー・イースト・サイドにオープンしたホテルPublic hotelに、次々とクレームが寄せられている。その理由は、ホテルの客の礼儀をわきまえない行為。ニューヨーク・ポスト紙が報じた。

スプートニク日本

ホテルの周辺に住む住民たちは、同ホテルを利用する異性愛者や同性愛者のカップルたちが部屋の中でカーテンを閉めずにセックスしていることに憤りを表している。

メリッサ・サントスさん(26)によると、ホテルの部屋の窓の前でセックスする人たちもいるという。デビー・ゴンザレスさん(64)は、ホテルの客の1人がマスターベーションしているのに気付いたと語った。また年金受給者のレオノール・フェルナンデスさんは、ホテルで起こっていること孫が目にするのを危惧しているという。

It's Friday, stay in bed a little longer #goingpublic #publichotels #luxuryforall via: @mikutas @klemenswhite

Публикация от PUBLIC Hotels (@publichotels) Июн 9 2017 в 4:23 PDT

ホテルには、6月のオープン以来300件以上のクレームが寄せられた。

一方、ニューヨークの弁護士ランス・フレッチャー氏は、地元当局はこの状況に何も影響を及ぼすことはできないと指摘する。ホテルの部屋では、その利用者が自由に自分の好きなように行動できるため、カーテンを閉める義務もないという。

先に伝えられたところでは、セックスおもちゃの製造会社「Lelo」が、どの国の住民が最もオルガスムを経験しているかを調査した

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала