安倍首相、防衛大綱見直しを指示

安倍首相は防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」見直しを小野寺五典防衛相に指示。小野寺氏が3日夜の記者会見で明らかにした。共同通信が報じた。

円 - Sputnik 日本
日本の内閣改造 市場は反応薄
スプートニク日本

2013年12月に閣議決定した防衛大綱はおよそ10年後までを念頭に置いていたが、北朝鮮の核・ミサイル開発の動向を受けて、政府は改定前倒しを検討していた。しかし、首相指示が明らかになるのはこれが初めて。

防衛大綱は18年後半にも策定する方向だと見られ、自衛隊の弾道ミサイル防衛(BMD)の更なる強化を狙う。

小野寺氏によると、首相は「厳しさを増すわが国の安全保障環境」を理由に挙げ、「日米防衛協力指針(ガイドライン)の下、抑止力を高める。北朝鮮の脅威を抑止するため、米国と協力し、防衛態勢と能力の向上を図るために取るべき具体的な行動を進める」と述べた。

首相は、5年間の装備品導入や費用を定める、次の中期防衛力整備計画を検討するようにも求めた。現在の計画は18年度までを対象にしている。

先ほど、野田聖子総務相は組閣が発表された3日同日、来年の自民党総裁選に立候補の意向を表明した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала