ソ連崩壊後、家に引きこもった男性が見つかる サンクトペテルブルク

ロシア・サンクトペテルブルクで執行官が、旧ソ連崩壊後に家から出ていない男性とその妻をアパートの部屋から立ち退かせた。サンクトペテルブルク連邦法執行官局の報道担当が発表した。

目 - Sputnik 日本
ひきこもりの人は40歳までしか支援を期待できないのか
スプートニク日本

立ち退きの理由となったのは、部屋で1.5メートルに積もったゴミの層。部屋の不適切な状態を理由に、住宅会社が立ち退きを要求したという。

女性は心の病に苦しんでいるということだ。憔悴した夫は、ソ連時代のパスポート以外に一切の身分証明書を持っていなかった。

執行官とともに部屋には医者が訪れた。男性は病院に、女性は精神科クリニックに搬送された。

先ほど、インド・ウッタル・プラデーシュ州で、ダリット(不可触民)である年配の女性が魔女だと見なされて集団リンチを受けたとTimes of Indiaが報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала