国際赤十字委員会 イエメンの民間居住地区への空爆を憂慮

© Sputnik / Irina Gerashchenko / フォトバンクに移行国際赤十字委員会
国際赤十字委員会 - Sputnik 日本
国際赤十字委員会イエメン支部のアレクサンドル・フェイト代表は8日声明を表し、「市場ない民間の住宅など公の場所が紛争当事者らの標的になる傾向を我々は深く憂慮する。これは武装紛争の主たる原則に矛盾するスキームであり、停止されねばならない。一般市民はこうした紛争で依然としてあまりに高い代価を支払い続けている」と述べた。

スプートニク日本

声明には、サアダおよびタイズの2県の民間のインフラに対して空爆が行われ、そのうち1つの8月4日のケースでは3歳から80歳の年齢の9人が死亡、3人が負傷したと報告されている。

イエメンでは2014年8月より始まった政府軍とフーシ派の反乱軍との戦いが続けられている。最も戦いがエスカレートしたのは2015年3月、サウジアラビア軍率いる有志連合が進行した時で、イエメンの権利および発展センターの情報によれば、2015年春から今までにこの紛争で1万人のイエメン人が死亡、1万8500人が負傷している。

これより前、世界保健機関(WHO)のネウィーオ・ザガリーアスポークスマンは1日、イエメンでのコレラの流行で、死者が1500人を超えたと明らかにした。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала