厚労幹部が弟に刺され死亡

警視庁高輪署は、12日午前5時すぎ、東京・港区の自宅で厚生労働省関東信越厚生局長の北島智子さん(56)を包丁で刺したとして、殺人未遂の容疑で北島さんの男(52)が現行犯逮捕されたと明らかにした。北島さんは搬送先の病院で死亡が確認。産経新聞が報じた。

東京 同居人殺害事件「介抱しようとしたが、途中で力尽きた」
スプートニク日本

男は北島さんの弟で、警察に「私がやりました」と供述しているという。

産経新聞が報じたところ、男は10代の長女、長男と80代の母親の4人暮らしをしており、長女が「父がおばを包丁で刺した」と110番通報した。男には、精神トラブルから通院歴があり、警視庁が経緯などを調べている。

先に報じられたところ、東京・六本木でのクラブで、韓国人の男性が、米国人の男性の首を割れた酒の瓶で刺し、逮捕されたことが7月31日、わかった。被害者は軽傷。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала