米戦闘攻撃機がバーレーン国際空港に硬着陸【写真】

CC0 / U.S. Navy / 米戦闘攻撃機F/A-18
米戦闘攻撃機F/A-18 - Sputnik 日本
米戦闘攻撃機F/A-18(ホーネット)がエンジンの故障が原因でバーレーン国際空港に硬着陸(ハードランディング)した。パイロットは無事。AP通信が米海軍の声明を引用して報じた。

スプートニク日本

米海軍のビル・アーバン報道官によれば、機体はペルシャ湾に位置している空母ニミッツを離陸。パイロットはエンジンが故障したため、バーレーンにあるシェイフ・イサ米空軍基地へ向かおうとしたものの、これに失敗したため、民間の商用空港への着陸を余儀なくされた。

米空軍は事故原因の究明を開始した。AP通信によれば、これによってバーレーン国際空港の業務は一部滞っている。

関連記事

ドローン、英空母に「こっそり」着陸 警察が捜査

米軍機 イランのドローンと危うく衝突 CNN【写真】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала