岐阜 中央道走行の車が横転、4カ月の女児死亡

16日午前3時半ごろ、岐阜県中津川市神坂の中央道下り線を走行中だった乗用車が追い越し車線側のガードレールに衝突し、横転し、1人が死亡した。 朝日新聞が伝えた。

小型機が墜落 2人死亡 大阪の夫婦か【写真】
スプートニク日本

県警高速隊によると、乗用車を運転していたのはブラジル国籍で同県本巣市屋井在住の会社員マルコス・マサトシ・イシハラ・シマブクさん(21)。イシハラ・シマブクさんの娘の高橋エレナちゃん(4カ月)は事故当時に後部座席におり、車の下敷きになるなどして死亡した。日本人の母親(17)も搬送先の病院で治療を受けている。3人は東京方面から自宅に戻る途中だったという。

先に伝えられたところ、タイ警察は、日本人が多く住むバンコク中心部のスクムビット地区で13日午前4時頃、車を飲酒運転してアパートの塀に正面から突っ込み壊したとして、日本人の男(36)を一時拘束したと明らかにした。車には運転手を含め日本人5人が乗り、3人が負傷した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала