金正恩氏、固体エンジンと弾頭増産を

© REUTERS / KCNA北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長 - Sputnik 日本
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、国防科学院化学材料研究所を視察し、研究所を拡張して弾道ミサイルの固体燃料エンジンや弾頭を増産するよう指示した。朝鮮中央通信の報道を基に共同通信が伝えた。

スプートニク日本

上記の研究所は、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の弾頭やエンジン噴出口に使われる炭素複合材料などを開発している。金氏は、拡張工事などに関わる問題は全て解決すると述べた。

先の報道によると、朝鮮民主主義人民共和国の指導者の金正恩氏は、韓国国境付近に駐屯の軍部隊を秘かに視察訪問していた。韓国の聯合ニュースが韓国の軍関係者の発言をもとに伝えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала