河野外相、早期ロシア訪問への意欲を示す 露日は柔軟な考えを持たなければならない

22日、日本の河野太郎新外相が、報道各社のインタビューに応じ、ロシアとのクリル問題(北方領土問題)について語った。朝日新聞が報じた。

スプートニク日本

クリル諸島 - Sputnik 日本
クリル諸島での地熱発電所の建設は日本への電力輸出に最適=ロシアの専門家
同紙によると、河野外相はクリル問題について、ロシアと日本が柔軟な考えを持ち、「既存のアプローチでないやり方を含めて考えていかないといけない」と述べ、早期にモスクワを訪問することに意欲を示した。

また外相は同問題を、「祖父の河野一郎・元農相、父の洋平・元外相から続く『3代目まで残ってしまっている』課題だと強調し、「ずっと日ロ間の宿題。4島の帰属を解決して平和条約を結ぶというのを3代目まで残してしまっている」と語ったという。

さらに河野外相は、「日ロ双方が柔軟な考え方をもち、『既存のアプローチでないやり方を含めて考えていかないといけない』と述べ、早期モスクワ訪問への意欲を示し、腹案については、「いろんな分野であたためたものはあるが、最初から出しても仕方ない。様子を見ながらやっていきたい」と述べたという。朝日新聞が報じた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала