日銀総裁 非常に緩和的な政策の当面継続が必要との見解

© AP Photo / Martin Crutsingerカンザスシティー連銀主催のシンポジウムに出席するため訪れた黒田東彦総裁
カンザスシティー連銀主催のシンポジウムに出席するため訪れた黒田東彦総裁 - Sputnik 日本
日銀の黒田東彦総裁によると、4%の経済成長率が続く可能性は高くなく、しばらくは非常に緩和的な金融政策を続ける必要がある。

円 - Sputnik 日本
日本のGDP4%増 内需が好調 行先は?
スプートニク日本

黒田総裁は米カンザスシティー連邦準備銀行主催のシンポジウム出席のため訪れたワイオミング州で25日、ブルームバーグのインタビューに応じ、「4%の成長は非常に良い」ものの、これが今後持続できる可能性は高くなく、「今後1年くらいをみると2%くらいの成長になる」との予想を示した。また、現在の非常に緩和的な金融政策を当面の間継続し、目標を達成する必要があると語った。

内閣府が今月14日に発表した4ー6月期の実質国内総生産(GDP)の速報値は年率換算で4%増。6期連続のプラス成長となった。

なお、日本銀行が7月に公表した展望リポートでは、2017年度のGDP成長率の見通しは1.8%増に上方修正された。緩和的な金融環境において経済対策効果が出ると考えられている。

また、三菱ケミカルホールディングス会長で経済同友会代表幹事を務める小林喜光氏は、日銀の金融緩和が円安を支え、企業の世界での競争力や収益を押し上げていると評価している

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала