メイウェザーVSマクレガーの「世紀の一戦」 その結末とは?【写真・動画】

© AP Photo / Isaac Brekken「世紀の一戦」
「世紀の一戦」 - Sputnik 日本
プロボクサーのフロイド・メイウェザーJr(米国)は、総合格闘技(MMA)アスリートのコナー・マクレガー(アイルランド)と対戦してTKO勝ちし、引退を表明した。通信社「スプートニク」が報じた。

スプートニク日本

ボクシングルールでの両者の試合は、26日に米ラスベガスの「Tモバイル・アリーナ」で行われた。

メイウェザーはマクレガーに10ラウンドTKO勝ちした。

勝者メイウェザーの報酬は1億ドル、マクレガーは3000万ドルだという。

メイウェザーは試合後「僕たちはファンたちがまさに見たいと望んだものを彼らに与えた。コナーは僕が思っていたよりはるかに優れていた。彼は手ごわい相手だったが、今日は僕の方が優れていた」と述べた。

​​先の報道によると、総合格闘技団体の世界選手権(UFC)でアイルランド出身のフェザー級世界チャンピオン、コナー・マクレガー氏はロシアのマッチTVからのインタビューに応じたなかで、自身はロシア人とウラジーミル・プーチン氏を尊敬していると答えた。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала