スイスのマッターホルンで日本人男性が死亡 転落か

スイスの警察は30日、スイスのマッターホルン(標高4478メートル)で27日、登山をしていた日本人男性(31)が転落し死亡したと明らかにした。NHKが報じた。

タイで日本人が車で塀に突っ込む 飲酒運転、検問から逃走
スプートニク日本

警察によりると、27日、登山者からマッターホルンの東側で標高約3400メートルの地点で男性が倒れていると警察に通報があった。警察が調べたところ、男性は27日の朝、標高3260メートルのところにある山小屋を出て、登山中に転落したとみられる。

先に伝えられたところ、フランスにある西欧最高峰モンブラン(標高4810メートル)で9日、日本人の男性登山者が、悪天候で下山できなくなり、救助を要請した。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала