登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

キスについての驚くべき10の事実

© AFP 2021 / Leo Ramirezキス
キス - Sputnik 日本
フォローする
キスについて研究している生理学や心理学の専門家の多くは、キスをすることは有益だと考えている。世界の多くの文化において、キスはロマンチックな関係の重要な要素として存在している。人は生きているうちに平均しておよそ336時間をキスに費やしているという。

どんどんキスして、免疫を高めよう! 仏研究者がキスの効果を断定 - Sputnik 日本
どんどんキスして、免疫を高めよう! 仏研究者がキスの効果を断定
スプートニク日本

生物学的観点から考えると、キスは他の人との最も広範な情報の交換である。匂いと味は、相手が自分に受け入れられるかを無意識のうちに判断させる化学的コミュニケーションのチャンネルである。

キスは寿命も延ばす。1980年代に行われた調査によると、仕事に出かける前に妻にキスをする男性は、そうしない人と比べて事故に遭う確率が低く、収入もより高かったという。

キスは免疫力も高める。キスをすることで人は微生物を交換することになる。新たな微生物は免疫システムを活性化させ、病気に対する抵抗力を高めることになる。

アリはキスして交流する、学者が解明 - Sputnik 日本
アリはキスして交流する、学者が解明
長い時間キスをすることはストレスによる「コルチゾール」というホルモンのレベルを低下させ、危険から守られているという感覚をもたらす。

3分の2の人々はキスをするとき頭を軽く右側に傾ける。これは人が行動する際の非対称性、例えば字を書くときに右手を使ったり、右目で目くばせしたりしがちであることの一例である。

キスの長さの世界記録は58時間35分58秒、あるタイ人夫妻のものである。

キスをするときは顔のおよそ146の筋肉が使われる。この運動は顔にしわができるのを防ぐ働きがある。さらに1分間キスをすると26カロリーを消費する。

サウジ王女、足に4時間キスするようパリジャンに強いる - Sputnik 日本
サウジ王女、足に4時間キスするようパリジャンに強いる
研究者らは、人間の脳には暗闇で愛する人の唇を見つけるのに役立つ特別な神経細胞が存在するということを突き止めた。

キスをするときには、身体に負荷がかかったときやコカインを摂取した時と同じ神経の反応がある。心臓の鼓動が速まり、呼吸の回数が増す。

キスをすることには、弱った身体を活性化させ緊張を和らげる効果もある。脳内で喜びの感情を呼び起こし同時に痛みを取り除く物質「エンドルフィン」がつくられるのだ。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала