登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

毒を以て毒を制す 喘息はネコとゴキブリのアレルゲンで防げる

フォローする
米国の学者らの研究でハウスダストの中にあるネコ・アレルゲンやゴキブリ・アレルゲンに喘息が悪化するリスクを下げる作用があることが明らかになった。

スプートニク日本

研究結果は「アレルギーと臨床免疫ジャーナル«Journal of Allergy and Clinical Immunology»」誌に発表された。

家の中で飼う動物は、子供のアレルギーや肥満のリスクを減らす - Sputnik 日本
家の中で飼う動物は、子供のアレルギーや肥満のリスクを減らす
学者らは、3歳までの幼少期にアレルゲンに接触する機会を持った場合は、アレルゲンは喘息の悪化を抑制する働きを発揮すると考えている。

学者らは2005年から行われた小児患者への臨床で、高濃度のネコ・アレルゲン、ハウスダストの中にあるネコ・アレルゲンとゴキブリ・アレルゲンに喘息の悪化リスクを下げる働きがあることを発見した。

興味深いことに犬のアレルゲンにはこうした効果はない。

先の報道によると、学者たちは、人間の猫アレルギーだけでなく、猫も飼い主に対するアレルギーを持っている場合があることを明らかにした。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала