登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASA主導の月周辺基地建設にロシアも参加へ

© Sputnik / Said Tzarnaev / フォトバンクに移行NASA主導の月周辺基地建設にロシアも参加へ
NASA主導の月周辺基地建設にロシアも参加へ - Sputnik 日本
フォローする
ロシア国営宇宙企業ロスコスモスと米航空宇宙局(NASA)は、遠宇宙の共同開発計画構想を進めており、将来の宇宙探査拠点としてNASAが主導する月周辺基地「ディープ・スペース・ゲートウェイ」の建設に、ロシアも加わることとなった。

スプートニク日本

露米の宇宙協力に関する歴史的な合意は、オーストラリアで開催中の第68回国際宇宙会議(IAC)で署名が行われた。双方はまた、既存の国際宇宙ステーション(ISS)を今後の宇宙調査拠点として利用する意向も確認した。

太陽系外惑星「WASP-12b」 - Sputnik 日本
黒い巨大太陽系外惑星が見つかる
ディープ・スペース・ゲートウェイ」については、これによって、今後の火星探査にも適用可能な技術を完成させることができるようになるという。月の軌道を回る新ステーションの利用人数は4人分を想定しており、2つの小型居住モジュールまたは1つの大型居住モジュールで構成される。宇宙飛行士の滞在期間は30日から360日までとなる見込みだ。

「ディープ・スペース・ゲートウェイ」は高軌道を周回し、遠宇宙に向かう宇宙船の発射場となる可能性もあれば、低軌道周回(月表面からの高度100km)で地球の衛星調査用の設備として利用される可能性もある。

本格的な作業は2020年代から始まり、ロスコスモス社のイーゴリ・コマロフ社長によると、2024年から2026年には第一モジュールの月軌道周回が開始する予定だ。

関連記事

NASA、土星探査機「カッシーニ」による最後の撮影を公開【動画・写真】

奇妙な二重小惑星をハッブル望遠鏡で発見【動画】

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала