登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

いち早く満腹感を得るためには特定の食品を食べる必要

フォローする
英ウォーリック大学の研究グループが、アミノ酸が豊富な食品は早く満腹感を覚える助けになると明らかにした。アミノ酸は食欲を調節する脳細胞を刺激する。アミノ酸は杏、プラム、アーモンド、チキン、ビーフステーキ、アボカドなどの食品に多く含まれている。英紙インデペンデントが報じた。

スプートニク日本

アミノ酸が豊富な食品は体重や食欲と関係する脳の分野にある脳細胞「タニサイト」に影響する。研究者がアミノ酸を脳に注入した結果、わずか30秒後にはタニサイトが満腹感を引き起こす信号を生成した。研究者らは、肥満対策の助けになると期待している。

また、他の研究によると、くるみは食べ過ぎと戦うための鍵となる。くるみからなる間食をした実験の参加者の島皮質の右側部分が活性化した。この脳の部分は認知制御機能に関係している。

関連ニュース

健康でいるためには何をどのくらい食べる必要があるか?

誰も食べない方がいい食品

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала