登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

国交省 日産5工場の検査書類で不正押印を確認

© Nissan日産
日産 - Sputnik 日本
フォローする
石井啓一国土交通相は6日、日産自動車が国内5カ所の完成車工場で検査資格のない社員が正規検査員のはんこで検査記録に押印していたことを確認したと明らかにした。完成車検査の記録時に不正押印で書類を偽装していた疑いがある。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

エンジン車 - Sputnik 日本
エンジン車はマンモスと同じ運命を辿るのか?
石井氏は閣議後の記者会見で「完成検査の確実な実施のために見直すべき点がないか検討したい」と述べ、再発防止のため新車の登録制度の見直しを検討する方針も表明した。

完成車の出荷前最終検査とは、道路運送車両法に基づき実施されるもので、国交省は各社が社内規定で認定した者が行うよう定めている。だが日産では、この認定を持たない「補助検査員」が、最終段階の検査を一部担当していたことが国交省の立ち入り検査で発覚していた。

これを受け、日産の西川廣人社長は2日、再検査のため販売済みの約121万台のリコールを国土交通省に届け出ると発表。2014年10月から日本国内で生産された20車種以上が対象で、その中にはハッチバック型の「ノート」、セダン「スカイライン」、電気自動車「リーフ」やクロスオーバーSUVの「ムラーノ」も含まれている。

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала