イスラエル北部が新たな戦場となる危険性 イスラエル国防相が警鐘

© Sputnik / The Press servis Israil Air Forseイスラエルの戦闘機
イスラエルの戦闘機 - Sputnik 日本
イスラエルのリベルマン国防相は、北部で新たな戦争が起きた場合、イスラエルはシリアとレバノンを同時に相手にした戦いを強いられると発言した。

スプートニク日本

リベルマン国防相はユダヤ教の三大祭「仮庵の祭り」に際して行われた軍人らとの会合で、イスラエルは「全力を尽くして」武装紛争を阻止しようとしているものの、「新たな中東」の現実では「いつ何時」こうした紛争が起きてもおかしくないと警告を発している。

アルビール、クルド人自治区の主都 - Sputnik 日本
イラク・クルド自治区巡る戦争の可能性と、今後の展開 専門家の見解
「我々はあらゆるシナリオを想定しておかねばならない。新たな現実は事あるごとに我々に新たな挑戦を投げかけている。かつてはレバノンが戦場になるといわれていたが、今はこれは現実味を失っている。危険は北部にある。どのように事が発展しようと、これは軍事行動の唯一の舞台となり、レバノンもシリアも飲み込んでしまうだろう。この際に我々の敵になるのは(レバノンの)ヒズボラであり、(シリアの)アサド政権であり、この(アサド)体制のあらゆる共謀者だ。」

リベルマン国防相は、ヒズボラの武装戦闘員を相手に北部方面で戦われた2006年の第2次レバノン戦争と異なり、イスラエルにレバノン軍が介入してくることはないと高を括るのは間違いだと指摘している。

「レバノン軍はヒズボラに完全に統合されており、ヒズボラの首領に忠実だ。レバノン軍は自立したひとつの戦闘部隊ではなくなり、ヒズボラの一部隊になってしまった。」リベルマン国防相はこう断言している。

関連ニュース

またもテロの攻撃下に 「欧州のイスラエル化」は明白になりつつある?

イスラエル軍戦車 ミサイル攻撃の報復にガザの警備所を攻撃

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала