超ジャパニーズ流! 米国が制作のおかしなマナー啓蒙広告【動画】

© Flickr / Mark Hoganロサンゼルスの地下鉄
ロサンゼルスの地下鉄 - Sputnik 日本
ロサンゼルスの地下鉄が公共の交通機関でのマナーを市民に教育する、かなり変わった公共広告動画を制作した。動画はシリーズもので、主人公は「超親切(スーパー・カインド)」とオレンジ色のモンスターの「迷惑ボーイ(ルード・ドュード)」の2人。

スプートニク日本

この公共広告はYouTubeのチャンネルMetro Los Angelesで発表された。

動画はご覧になっていただければおわかりのように、登場人物の顔つきから作りから、完全にジャパニーズスタイルで制作されており、車両でいい席を陣取り、周囲に食べかすをまき散らし、通り道をふさいで平気な顔という迷惑千万なモンスターに、日本人によく似た、アニメの主人公のようなスーパーヒロインが勇敢に立ち向かう、というコミカルな筋書き。

この公共広告シリーズは、「超親切」が歌を使って「迷惑ボーイ」に公共交通機関での良いマナーの説明をあれこれ試みるが、さっぱり効果がないので、最後はとうとう業を煮やし、腕力に訴えるという内容になっている。

ちなみに「超親切」役を演じている女性は米国人女性のアンナ・アカナさん(28)。様々な民族の混血のアンナさんだが、日本人そっくりの風貌は祖先に日本人がいるから。

関連ニュース

黒人女性が着替えると白人女性に-シャワージェルの広告でネット炎上【写真】

全裸のカザフスタン「客室乗務員」CM SNSで是非激論【動画】

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала