登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
Концепция современных технологий - Sputnik 日本
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

仕事が好きすぎるとキャリアアップを邪魔するおそれ

フォローする
ワーカホリックは、仕事にそれほど熱中しない、休暇により多くの時間を取る同僚に追い抜かされる可能性がある。英ロンドン大学ロイヤルホロウェイ校の研究者の研究による明らかになった。英紙デイリー・メールが報じた。

スプートニク日本

ワーカホリックは長時間仕事をして、仕事から離れない。これは、睡眠の質と集中力に悪い影響を与える。実験には193人の聖職者が参加。教会なしの人生に大きな意味はないと信じる被験者は休暇と体力回復に割く時間が少なかった。専門家が強調するところ、休暇は仕事に関係するストレス解消になる。

なお、ワーカホリックは様々な疾患にかかり、寿命が短い傾向があると考えられている。しかし、米ペンシルバニア大学とノースカロライナ大学の研究チームは、常にこの傾向が当てはまるわけではないと明らかにした。仕事が本当に好きな人は、長時間の労働をこなしても、健康に対する悪影響に直面しないという。

関連ニュース

佐戸未知さんの死 日本は過労死を克服できるのか?

ワーカーホリックは現代社会の課題。過労死しないためにはどうすべきか?

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала