ISSへの米宇宙飛行士送り込み中止案 専門家がコメント

© 写真 : Roskosmos/Sergey Volkov国際宇宙ステーション(ISS)から見た地球
国際宇宙ステーション(ISS)から見た地球 - Sputnik 日本
国際宇宙ステーション(ISS)への米宇宙飛行士の送り込み制限は、ISSのパフォーマンス低下や作業終了につながる恐れがある。ツィオルコフスキー記念ロシア宇宙航行アカデミー準会員のアンドレイ・イオニン氏がスプートニクに伝えた。

スプートニク日本

今日報じられたところ、米国の制裁政策を受け、ロシア下院は複合的な対抗措置を含む法案を検討している。措置は米宇宙飛行士のISSへの送り込み一時中止やボーイング社への部品供給停止を含む可能性もある。

アフガンで米軍 - Sputnik 日本
タイムズ紙報道の「アフガンのタリバンをロシアが支援」ロシア足蹴りでテロと結託の張本人が保身
イオニン氏は「ISSはタウンハウスのようないくつかの別個の部屋ではなく、全てがお互いに関係する大きな共同アパートのようなものだ。(……)米国の重要なモジュールを備えるパーツはロシアよりも格段に多く、そのモジュールは米国から操作される上、飛行中の宇宙飛行士によって動作することを考慮する必要がある。同時に、実質的に全てのエネルギーが『米国の半分』から入っている。当然、ISSは今の配列では存立不可能になり、結果的に、非常に早く軌道上から離れることになる」と警告する。

イオニン氏はさらに「ISSの後に有人飛行の面でどうなるか、ロシアは未だに決めかねている。そして大プロジェクトへの資金はすでにない。米国ではこうしたプロジェクトは実現に向かっており、私達の計画とはあまりつながりがない。そして資金も実現を許す。そのため、将来におけるロシアの宇宙飛行士にとっての結果は、全く予測不可能なものになる可能性がある」と結論づける。

関連ニュース

中国人議員 露米は「嘆かわしい議論にはまり込んだ」

露米 月周回軌道ステーション共同建設で合意

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала