登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください

学者が人間の進化の原動力と認めるものは?

フォローする
身体の「窒息」に関する珍しい実験は、身体が主に神経系にエネルギーと酸素を供給し、筋肉への供給はその後になってからだと示し、人類の進化における脳の特別な重要性が示された。こうした結論を出した英ケンブリッジ大学ダニエル・ロングマン氏の論文は科学誌『Scientific Reports』に掲載された。

スプートニク日本

ロングマン氏は「極限的な身体的・知的負荷のもとで身体が優先するのは脳であって身体ではないことを明らかにした」と述べる。

ロングマン氏らは、参加する生徒がボート漕ぎと頭の回転のはやさを問うゲームの2種目の競争に同時に参加する実験を組織した。

お手軽に脳の老化を防ぐ方法が明らかに - Sputnik 日本
お手軽に脳の老化を防ぐ方法が明らかに
実験では、シュミレーターでボートを漕ぐだけでなく、記憶力と頭の回転のはやさが問われる問題に答える生徒の課題達成度がいかに変化するかを観察した。

明らかになったところ、上記2つの課題を解決する必要性がある場合、筋肉が受け取るエネルギー量が激減し、13%減となった。
これは、身体が筋肉の最適な働きを犠牲にして脳に栄養と酸素を優先して供給したことを物語っている。

研究グループは、人体のこうした優先順位が人類の進化における脳の進化と機能の重要な役割の証拠となると見ている。

関連ニュース

左利きの人の脳は右利きの人とどう違う?

脳インプラントで視力回復へ 米で臨床試験に許可

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала