登録が完了!
に送られたメールからリンクに進んでください
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

米兵士の知能を高める装置がつくられる

© Fotolia / SSilver 頭の中にある神経細胞
頭の中にある神経細胞 - Sputnik 日本
フォローする
カナダのマギル大学とHRL研究所が、人間の学習能力を高める装置をつくった。同プロジェクトには、米国防高等研究計画局(DARPA)が資金提供した。デイリー・メール紙によると、脳を電気刺激するこの装置は、知能を40%向上させるという。

スプートニク日本

経頭蓋磁気刺激法では手術をせずに頭部に電極が取り付けられるため、多くの人にとって受け入れやすい技術となっている。

デイリー・メール紙によると、開発された装置では、様々な認識知能(記憶、注意力、意思決定)を司る大脳半球の前頭前皮質に作用する直流が使用されている。これによって脳のさまざまな領域間の接続性が高まり、より学習速度を速める。

ミツバチ - Sputnik 日本
昆虫兵器の歴史 ミツバチは戦闘行為にどう参加したか
この装置はサルで実験された。サルたちは目印をつかって食べ物のある場所を判断した。サルが目印と食べ物の関係を見定めるのを学ぶまでに22回かかった。一方、直流刺激後はわずか12回で学んだ。

研究者らは、刺激を使った方法が米食品医薬品局(FDA)によって承認され、2022年までに軍を含め幅広く使用されることに期待している。

関連ニュース

米国が開発を急ぐ超軍人「スーパーソルジャー」 ロボットなのか人間なのか? 専門家の見解

脳インプラントで視力回復へ 米で臨床試験に許可

ニュース一覧
0
はじめに新しいものはじめに古いもの
loader
放送中
Заголовок открываемого материала
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала