ウィキリークス、ケネディ暗殺文書の機密部分に賞金1100万円【写真】

内部告発サイト「ウィキリークス」は、ケネディ元大統領の暗殺に関する文書の大半を公開した後も機密扱いのままで残った部分に10万ドル(約1100万円)を提供すると申し出た。

スプートニク日本

米国立公文書館は26日、ケネディ元大統領暗殺に関する資料2891件を公開した。

「ウィキリークスは、法律違反や非効率性、行政上の誤りを示している場合、保留されたケネディ文書に10万ドルの賞金を与える。」

​トランプ大統領は、米国民に暗殺について完全に知る権利があるとする一方で、国の安全保障の観点から文書の一部を機密扱いのままで置いておくかざるを得なかったと述べた。

関連ニュース

機密解除のCIA文書「ケネディ暗殺前に容疑者がKGBエージェントと面会」

KGB元工作員 「ケネディ氏暗殺は防げた」

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала