米国、THAAD問題で悪化した中韓関係の改善を歓迎

© AP Photo / Lee Jin-man米国、THAAD問題で悪化した中韓関係の改善を歓迎
米国、THAAD問題で悪化した中韓関係の改善を歓迎 - Sputnik 日本
米国務省のナウアート報道官は10月31日、中韓両政府が米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)の韓国配備問題で悪化した両国関係を改善させることで合意したことについて「地域により良い安定をもたらす」として歓迎した。共同通信が伝えた。

韓国、THAAD配備に関する米国との協議を再開 - Sputnik 日本
韓国、THAAD配備に関する米国との協議を再開
スプートニク日本

ナウアート氏は「中国は、朝鮮民主主義人民共和国の脅威を一段と認識しつつある」と述べた。THAAD配備は米韓同盟に基づく決定であり、今後も変更はないと強調した。

中国はこれまでTHAAD配備に反発し、韓国への旅行制限など「経済制裁」ともいえる動きを続けてきた。

だが中国の習近平国家主席は10月19日、韓国の文在寅大統領の特使として中国を訪問している李海瓚(イ・ヘチャン)国会議員と北京で会談し、THAAD問題で悪化した両国関係を正常な軌道に戻したいと呼び掛けた

関連ニュース

韓国の米MDシステム THAADは、露中に対して向けられている 露外務省

中国が非難 韓国のTHAAD配備はロシアの権益を損なう

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала