露上院、米国への報復としてロシア企業にツイッターへ広告を掲載しないよう勧める

© Sputnik / Vladimir Fedorenkoロシア上院
ロシア上院 - Sputnik 日本
ロシア上院(連邦会議)国家主権保護委員会のメンバーたちは、ロシアメディアに対する米国の行動への対応として、米国のSNS「ツイッター」に広告を掲載しないようロシア企業に勧めている。

スプートニク日本

ロシア外務省 - Sputnik 日本
Facebook、Twitter、Googleは米政権から恐喝されている 露外務省
ロシア上院・国家主権保護委員会の作業部会で、オレグ・モロゾフ会長は「ロシアメディアに対する米当局の差別的行動に対する同等の措置としてロシア企業に『ツイッター』への広告コンテンツの掲載を控えるよう勧める」と述べた。

また1日、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ監督庁(ロシア通信監督庁)のアレクサンドル・ジャロフ長官も「ロシア通信監督庁は、もしそれが今後も続けられるならば、(ロシアの)テレビ局RTおよび通信社スプートニクに対する前例のない圧力に対して同等の措置を講じるためのメカニズムを有している」と述べた。

10月26日、米ツイッターは、RTおよびスプートニクが所有するアカウントからの広告を禁止すると発表した。ツイッターによると、この決定は2016年米大統領選挙への「ロシアによる介入」調査に基づいて下された。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала