ビンラディン容疑者、「ファイナルファンタジー」好みか?CIA、コンピューター資料公開

© AFP 2022 / Jewel Samadウサマ・ビンラディン(アーカイブ)
ウサマ・ビンラディン(アーカイブ) - Sputnik 日本
米中央情報局(CIA)は1日、国際テロ組織アルカイダの指導者だったウサマ・ビンラディン容疑者のコンピューターに収められていた資料の内容を公表した。その中ではビンラディン容疑者の日記、ドキュメンタリー映画「ビン・ラディンを探せ!」、人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」など。共同通信が伝えた。

「だんなデスノート」書籍化 - Sputnik 日本
「だんなデスノート」書籍化
スプートニク日本

米軍特殊部隊は2011年5月、パキスタン北部アボタバードに位置いるビンラディン容疑者の隠れ家を襲撃し、本人を殺害した。CIAは15年以来、大量の文書を押収して分析を続きながら、資料を順次公開。

今回、コンピューターにあった文書や音声ファイルなど約47万件の資料が公開された。

共同通信によると、ビデオコレクションの目録には、人気ゲームシリーズ「ファイナルファンタジー」、野生動物などのドキュメンタリー番組の名前も並んでいた。

ポンペオCIA長官は資料公開について「テロ組織の内幕を考察する貴重な機会」としている。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала