ロシアの爆撃機、シリアで「ダーイシュ」司令部を攻撃

ロシア領から出撃したツポレフ22M3爆撃機6機が、シリア東部デリゾールにあるテロ組織「ダーイシュ(IS、イスラム国)の施設を攻撃した。ロシア国防省が報じた。

スプートニク日本

標的となったのは、テロリストの武器庫、掩体、拠点、司令部。

В-52 - Sputnik 日本
世界の高性能爆撃機【写真】
またロシア国防省は「長距離爆撃機がロシア領から飛び立ち、イランおよびイラク領上空を通過してデリゾール県でテロリストの施設に集団空爆を行った。(シリアにある)フメイミム基地から飛び立ったスホイ30SMの戦闘機部隊が、爆撃機の援護を行った」と伝えた。

なお客観的なコントロールデータによって指定されたすべての標的の破壊が確認されたという。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала