長期の宇宙飛行は脳にとって危険

© 写真 : NASA長期の宇宙飛行は脳にとって危険
長期の宇宙飛行は脳にとって危険 - Sputnik 日本
米国、ドイツ、中国の学者たちは、長期宇宙滞在の新たな危険性を明らかにした。医学雑誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシンで発表された。

スプートニク日本

学者たちは、無重力環境での長期滞在が脳に不可逆的な変化を生じさせることを明らかにした。特に焦点を合わせることや計画、組織、記憶をつかさどる領域の正常な活動が乱されるという。テレグラフが報じた。

ISSでの「錯覚」 無重力が宇宙飛行士の感覚に与える影響 - Sputnik 日本
ISSでの「錯覚」 無重力が宇宙飛行士の感覚に与える影響
英国の天文学者ダニエル・ブラウン氏は「このような脳活動の乱れを持つ宇宙飛行士たちは、近くにある物が見えず、読んだり簡単な実験を行う能力を失ってしまう。彼らの知覚は歪んでいる」との考えを表している。

学者たちは、無重力をシミュレートした環境に90日間置かれた人々や宇宙飛行士34人の状態を研究してこのような結論に達した。

なお学者たちは、脳機能の低下は頭蓋骨内部の圧力の変化が原因だと指摘している。

学者らは無重量の負の影響に対処する方法として、人工重力を発生させた宇宙船の製造を提案している。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала