英国の謎の畑文字にSNSユーザー困惑

© 写真 : Twitter account of NPAS英国の謎の畑文字にSNSユーザー困惑
英国の謎の畑文字にSNSユーザー困惑 - Sputnik 日本
SNSで多くのユーザーが、英オックスフォードシャー州の畑に大きく書かれた文字の解読を試みた。

スプートニク日本

その文字とは、「SUE X」(スー エックス)。地元警察がヘリコプターから撮影し、ツイッターに投稿したものだ。

金正恩氏の絵 - Sputnik 日本
イタリアの田んぼに巨大な金正恩氏の絵が登場【写真】
Sueは女性名「Susan」の愛称。警察は「スーを見つける」ため「SNSの力」を活用しようと決めた。人々は「#FindSue」(スーを見つけろ)、「#WhoIsSue」(スーとは誰だ)といったハッシュタグを付けてツイートし始めた。

「X」の部分に財宝が隠されているというものから地球外生命体の侵攻に至るまで無数の仮説が現れ始めた。

明らかになったところ、文字はマレー・グラハムさんという地元の農家が自らの妻のため特別に書いたものだった。グラハムさんは農薬を使い文字を作った。語尾の「X」という印はおそらく、接吻を意味するのだろう。グラハムさんは解読騒ぎについて友人を通して知った。

グラハムさんは英紙テレグラフに対し、口やかましい自分がどれほど強く妻を愛しているかを示したかったとして「農薬が少しあまったので、これを使って彼女に笑顔を浮かべさせられるか試そうと考えた」と述べた。

文字は21歳になるグラハムさんの息子がヘリコプターから写真を撮る予定だったが、警察に先を越された形となった。

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала