イラン、サウジへのミサイル発射への関与を否定

イスラム革命防衛隊のジャアファリー総司令官は、イエメンからサウジアラビアへのミサイル発射にイランが関与していないとして、トランプ大統領の非難を退けた。

スプートニク日本

サウジアラビアは首都リヤドに向けられた弾道ミサイルを迎撃した。イエメンのイスラム教シーア派武装組織「フーシ」によるものだという情報もある。

トランプ大統領は日本に向かう機内でこれを受け、発射がイランによるものだとして非難。ジャアファリー総司令官は、トランプ氏には根拠のない声明を出す習慣があるが、イランにはイエメンへとミサイルを移送する手段がないと指摘した。

 

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала