トランプ氏:「ロシアの大統領選介入疑惑」問題で米情報機関の見解を信用

トランプ米大統領は2016年の大統領選へのロシア介入疑惑(ロシアゲート)に関し、自国の情報機関の見解を信用すると述べた。

スプートニク日本

トランプ氏はプーチン大統領と面会した後、ロシアは米大統領選に介入しなかったとプーチン氏が請け合ったと明かし、ロシアゲート疑惑を巡る問題は、トランプ政権に反対する野党・民主党が米露両国関係を阻むために儲けた人工的な障壁だと主張した。

露上院国際問題委員長のコサチョフ氏 - Sputnik 日本
露米首脳の正式会談はなぜ見送られた? 露上院国際問題委員長が説明
またトランプ氏はベトナムのチャン・ダイ・クアン国家主席と同国首都ハノイでの共同記者会見に臨み、プーチン氏を信じるかとの質問に対して「彼(プーチン大統領)は、ロシアが選挙に介入しなかったと信じている。私が信じるかどうかは、それは我が国の情報機関と同じだ」と答えた。

トランプ氏は、大統領選に「ロシアが介入した」とする見方は米国の17の情報機関で一致しているものの、実際にこの結論に達したのは17機関のうち僅か4機関だと強調。記者会見の映像は米政府公式サイトでも中継された。

ロシア介入に関する声明は、米国の特殊機関が2016年11月8日の大統領選の前後に行なった。ロシア側はこのような非難を断固として否定している。

関連ニュース

プーチン大統領:米国でのスプートニクとロシア・トゥデイ放送局の迫害に同じ形で報復

NATOで西側諸国の民主主義へのロシアの「介入」を協議=マティス米国防長官

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала