原油価格、バーレーンでの石油パイプライン爆発を受けて上昇

13日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟の主要産油国の合意に関連した石油市場安定への期待と、先週末のバーレーンの石油パイプライン爆発に関連したレーダーの懸念を受けて原油価格がわずかに上昇している。

スプートニク日本

日本時間14時49分の時点で、北海ブレント原油先物1月限の価格は0.08%値上がりして1バレル=63.57ドル、WTI原油先物12月限の価格は0.12%値上がりして1バレル=56.81ドルとなった。

原油関連のニュースはこちら

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала