イタリア、5人のダーイシュ信奉者を逮捕できない

© AP Photo / Gregorio Borgiaイタリアの警察
イタリアの警察 - Sputnik 日本
イタリア・トリノの検察は、過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS)に関係している疑いがある5人を、手続き上の問題の複雑さのために、逮捕できない。伊紙ラ・スタンパが報じた。

スプートニク日本

同紙によると、5人はチュニジア国籍だ。5人がイタリアにやって来たのは2014年で、現地の大学に入学して居住許可を得た。

5人は、イタリア国内でダーイシュの関連組織を作ろうとした疑いをかけられている。うち3人は違法薬物を取引した疑いで現在自宅軟禁の状態に置かれている。あとの2人のうち1人は2016年イタリアから国外追放されたが、双方とも自由の身にある。組織のメンバー2人は行方がつかめておらず、中東でダーイシュ側の戦闘員として戦い死亡したと見られている。

プーチン氏 - Sputnik 日本
プーチン大統領:シリアでのテロとの闘いのための軍事活動は完了しつつある
トリノの検察は5月に逮捕状を裁判所に請求したが、1ヶ月後に棄却された。数日後には検察は控訴をし、この件の再検討が決定された。

5人はしかし、イタリアの法に従い逮捕状発布に異議を唱える時間が与えられるため、まだ逮捕することはできない。現在、ラ・スタンパによると、最高裁判所の判決後に逮捕されるかが決められる。

また、コリエーレ・デラ・セラ紙によると、被疑者は逮捕状発行後10日以内に最高裁判所に逮捕状取消を請求できる。最高裁が請求を検討すれば、被疑者は逮捕されずに自由の身でいる機関も長くなる。

関連ニュース

シリア、ラッカからの「ダーイシュ」戦闘員避難作戦に関する詳細が明らかになる

「ダーイシュ(IS)」がスウェーデンのラジオ局を乗っ取り 戦闘員勧誘曲を流す

ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала